• ADpapper
  • ADpapper
    • ADpapper
    • ADpapper
    • ADpapper
    ご注文前の確認
    ADpapper デザイン作業は、必ずCMYKモードで行ってください。


    ADpapper 伝票製作可能な色は、黒色(K100) / 紺色(C100+M100) / 金赤色(M100+Y100) / 青色(C100) / 緑色(C100+Y100) / ピンク色(M100) になります。

    これらの色は、最もお手頃に製作でき、一般的によく使用される色です。 CMYKフルカラー印刷をご希望される場合は、別途見積申請をして下さい。


    ADpapper デザインの線の太さは、0.3 point以上で設定して下さい。これ以下に設定されると、うまく印刷できません。

    フォントは、必ずアウトライン化処理を行って下さい。

    万一、処理を行っていなかったり、印刷用フォントでない場合は、問題が発生します。

    この問題においては、弊社で責任を負いかねますのでご了承下さい。


    ADpapper 伝票をサイズに合わせて裁断する際に、1~2mm 程度のズレが発生することがあります。

    そのため、裁断線より10mm程度内側にデザインされると、よりきれいに仕上がります。


    ADpapper 背景色が濃い場合、後紙に色がうつることがあります。

    また、運搬過程にて圧力がかかり、 後紙に青い小さな点がにじむことがあります。

    印刷・梱包時には細心の注意を払って作業を行っておりますが、複写式伝票の特性上避けられない事象ため、 ご理解頂きますようお願い致します。

    この場合は、不良商品には該当せず、再製作は行いません。


    ADpapper 印刷工程で、機械に大きな全紙を挿入する際、一部を折り曲げて挿入します。そのため、 伝票の一部にしわが入ることがあります。

    お客様が伝票を使用される際に問題はなく、不良商品には該当しませんので、ご了承下さい。


    ADpapper 規格外サイズで製作を希望される場合、別途見積要請をして下さい。最もお手頃価格になるよう、 随時ご案内致します。


    ADpapper デザインデータをお持ちでないお客様には、弊社がデザイン製作をお手伝い致します。

    - イラストレーターのデザインデータはあるが、デザインの編集を依頼したい

    ‐ excel又はwordで作成したデータはあるが、イラストレーターで作成したデータはない

    ‐ 伝票のデザインが全くない(但し、デザインに入れたいロゴや文字のデータはお客様が準備して下さい)

    上記に該当され る場合、デザインを製作を承ります。

    別途見積申請をして下さい。

    ※ デザイン製作は、弊社で伝票をご注文頂くことが前提条件です。


    ADpapper 1冊=50組になります。1組は、 <2枚複写:2枚 3枚複写:3枚 4枚複写:4枚> です。

    例)2枚複写場合 1冊=50組=100枚/10冊=500組=1000枚

    単式伝票は、1冊100枚でも製作可能です。

    ご希望の場 合は、別途問い合わせして下さい。


    ADpapper 複写式伝票の下紙を両面される場合、後紙の印刷方向は前紙と同じです。

    万一、 後紙の印刷方向を反対にされる場合は、注文メモにご記入下さい。


    ADpapper 注文時、後加工をご希望される場合は、注文画面にてご選択頂くと、自動で後加工費がプラスされます。